<   2015年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


すっかりご無沙汰しておりました。。。
新作を含め、店内のご紹介をさせていただきます☆




d0124895_14464320.jpg

帯や着物、フランスのビンテージ生地やレースを使用した
ショールとスカーフです<3800~12800yen>
紅葉のようなルビーレッドの革のバッグ<12600yen>




d0124895_14461989.jpg

左:カタクリの花の帯から作ったショール<13800yen>。
中央:なでしこ柄の着物から作ったショール<6800yen>。
下:シルバーの着物にマゼンタ&フランスの黒い幅広レースをつけたショール<15000yen>。
右:フランスのシルク生地×紺の羽織地の二枚合わせになったショール<18360yen>。

驚きの軽さとあたたかさ、そして肌触りの気持ちいいシルクのショールは
これからの季節に大活躍しますね(^^♪





d0124895_14474105.jpg

レッグウォーマー<1400~2500yen>、コットンのレース靴下<1365yen>、
ウールの手袋<2160~2500yen>、アクリル素材のマフラー<2052yen>など。
プレゼントにも人気のあったか小物です☆




d0124895_14481025.jpg

オリジナルのファーマフラー各種はSALE価格に<3300~4000yen>。
いずれもリバーシブルでお使いいただけます。
下に見えているのはモロッコの竹笛<550yen>。




d0124895_14483311.jpg

黒×ベージュはスエードの斜め掛けバッグ<sold out>、
鳥柄ニットの斜め掛けバッグには組紐を使用<sold out>、
ジンバブエの平たいカゴ<3240yen/5184yen>、モロッコのカゴ<2700yen/3456yen>、
スマホサイズのファーのポーチもSALEに<1800yen>、
兵児帯はシルクショールとしてご提案。絞りが素敵ですよ<4500yen>。





d0124895_14475823.jpg

mittaアレンジのニットのルームシューズ<2400~2800yen>。
ヴィンテージのレースやボタンを使用。葉っぱをつけたり生やすのも楽しかったです!






d0124895_14493393.jpg

コサージュもコツコツと作っております(*^_^*)
その方に必要な色をお調べして作る、オーダー制作も人気です。
着物地を中心に、存在感のある素材を使っています。
いろんな国の方に使っていただけたらうれしいです。







d0124895_14484834.jpg

秋色のアクセサリーも増えました。
ペンダント、ブレスレット、ピアス、イヤリング、ピンブローチ、etc...
オーダーでもお作りしています☆
値札はユーカリの葉っぱ。いい香りです。






d0124895_14490183.jpg

フランスのヴィンテージビーズのアクセサリーは
ビーズ一粒一粒に味わいがあるので、見るほど使うほどに愛着が増すように思います。
種類が少なくなり、思い切ってお値下げしました。<2800~8500yen>








d0124895_14491340.jpg

母・幸子の作ったちりめん細工のお人形ブローチは
〝サチコ人形〟と呼んでおります。案外大きい全長14cm。。。<2500yen>







d0124895_14503275.jpg

雪山の柄の帯から作ったトートバッグです。
左の山頂の白い点は小さいフクロウ(ペルーの手作りビーズで顔まで描いてあるんです)。
ファーのまんまるはブローチになっています。
しっかりとした革の持ち手をつけました<9700yen>。





d0124895_14510895.jpg

こちらは金の鳥のボタンをつけて。
驚きの軽さに加えて、形を保ってくれるところも帯のすばらしさですね!


d0124895_14513488.jpg

内側にはイギリスのヴィンテージのリボンをあしらいました☆<sold out>






d0124895_14500025.jpg

こちらは手編みのニットに、綿を入れたふわふわの持ち手とコサージュをつけたバッグ。
フランスのペイズリー柄の生地と着物地を組み合わせています<sold out>。









d0124895_14520969.jpg

いつも選書をお願いしているバリューブックスさんから届いた本もたくさん。
建築、料理、伝統工芸、健康など、暮らしを豊かにするものを選んでいただいています。


d0124895_16254121.jpg


バリューブックスさんのご縁で、担ぐ本棚の制作にも関わらせていただきました。
背中のクッション、革の脚カバー、ふかふかの本型ブローチなどを担当。






近頃は日々、mittaは直前にtwitterでお知らせするきまぐれオープンとなり、
ご迷惑をおかけしておりますが、お気軽にご連絡をお願いいたしますm(__)m

時々でよいからお店番をしていただけないか、と、この方にお願いしてみました。












d0124895_16262358.jpg



「…まだ無理。」(by ダリア店長)

「ダリアさん、すぐ寝ちゃうからー無理だと思うよー」(by ひよこのウピエル)





…それでは、みなさまどうぞよい秋をお過ごしくださいませ(^^♪


[PR]
by mitta_japan | 2015-10-25 16:49 | mittaのこと