<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0124895_1429846.jpg
仕入れの旅から戻ってきました。

売り切れていたレースの靴下やお子様用手袋は再入荷となります。
明日以降お出ししてゆきますね。


d0124895_14323076.jpg
こちらは少し前に出会った天使の花瓶。陶器でできています。 <sold out>


d0124895_14372464.jpg
かごも増えています。
つるでできた手作りのかごは四国から抱えて帰ってきました。

[PR]
by mitta_japan | 2012-01-31 14:29 | mittaのこと
1/23~30は、
仕入れのためお休みとさせていただきます。

[PR]
by mitta_japan | 2012-01-21 16:25 | mittaのこと
d0124895_15595264.jpg
小鹿田焼(おんたやき)のうつわが届きました!


d0124895_1652774.jpg
特注のレアものもアリ♪


d0124895_166487.jpg
楊枝入れから、丼、大皿まで各種あります。


d0124895_167975.jpg
ササキヨシオさんの指人形と小鹿田焼のコラボショットです♪

[PR]
by mitta_japan | 2012-01-11 15:59 | mittaのこと
d0124895_1243474.jpg

写真は拡大しておりますが、実際は5ミリ四方という小ささの、
篆刻(てんこく)スタンプです。

現在店頭にあるのは、
折鶴、小鳥、蓮、茶壷、薔薇、葉っぱ、りんご。

お好きなモチーフや、文字など、ご注文いただければ
一週間程度で仕上がります。

価格は1050円。

[PR]
毎回ご好評いただいております
小鹿田焼(おんたやき)のうつわ展は、もうすぐです☆

d0124895_15522191.jpg









2012年1月12日(木)~22日(日) 

13:00-20:00 

※16日(月)のみお休み 
※22日のみ18時まで



小鹿田焼(おんたやき)は、大分県日田市の山あいで、
江戸時代から続いている伝統的な焼き物です。
素朴で温もりのある小鹿田の器で、日々の食卓を彩ってみませんか。

小鹿田焼(おんたやき)のうつわ  sonomono

[PR]
by mitta_japan | 2012-01-11 14:27 | mittaのこと
d0124895_14181195.jpg
ウールの着物生地を使ってリメイクした
軽くて大きめのバッグです。

縦でも横でも、お好きな位置につけて楽しめる
ポンポンのブローチもセットになっていて新春特価の3990円。
こちらは2点限り。

[PR]
d0124895_1622303.jpg

12月22・23日はクラフト作家展「思案の森」でした☆

バッグ、アクセサリー、樹脂粘土、ガラス、オリジナルイラストの雑貨など、
職人ワザ満載のアイテムが勢ぞろい。

作品が並んだ空間は、まだ見ぬ国のちいさな森に迷い込んだかのような
わくわくする魅力に満ちていました。

遠方からもたくさんのお客さまにお越しいただき、
熱気あふれる2日間でした。

足をお運びくださったみなさま、また、作家のみなさま、
ありがとうございました!!!




d0124895_16524945.jpg

日本のよいところとは…?うつくしさとは…?
そんなことを思いながら、あたらしい年ははじまりました。

ふるい着物をリメイクしたバッグをご紹介します。

亀甲重ね模様×黒地に菊紋のリバーシブル。
ため息の出るほどうつくしい、そしてPOPな色あわせ。

やはり、こころの奥底に映り、ひびくもの、が
私たちのなかには脈々と息づいていると思っています。




d0124895_1653161.jpg

写真は、冬物セールの一部です。


古きよきものと、あたらしく便利なもの。

うまく組み合わせるのも、ひとつの進化、かもしれません。

あたまの片隅にずっとある宿題のような、親友のような…、
そんなテーマに、今年も取り組んでゆけたらと思います。

アクセサリーや布のリメイク相談は、いつでも承っております。

また今年は、出張リメイク相談会も実験的に始めます。

[PR]
by mitta_japan | 2012-01-10 16:22 | mittaのこと
d0124895_16311173.jpg

あけましておめでとうございます。

本年もみなさまにとって、
幸多き一年でありますよう!!


当店は本日より営業中です。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

[PR]
by mitta_japan | 2012-01-03 13:07 | mittaのこと
d0124895_15293222.jpg


ダリア店長

nagaya shop mittaの店長であり、スーパーバイザー。



きびしい野良生活で培った「時代をよむ感覚」を活かし、
きらっと光る商品を見出している。

性格は引っ込み思案のため、
店頭フロアに出てくることはないが、
ときどきそっと店頭の様子をチェックしている。(写真参照)

爪は切らない主義で、趣味は俳句。好きな言葉は「かつおぶし」。







d0124895_15301750.jpg


山西利恵

nagaya shop mittaスタッフ



ダリア店長の指示のもと、商品の企画・制作・セレクトなど
業務全般を行っている。

レコードから着物、アクセサリーまで、
さまざまな素材のリメイク研究家であり、
出張リメイク相談会なども開催。

どうすれば再生できるかを考えたり作ることが好き。

また、カラーヒーラーである高坂美紀先生のもとカラーヒーリングを学ぶ。
mittaだけでなく、イベントやカフェなどにも出張してカラーセラピーを行っている。
色の効果を活かしたコサージュやアクセサリーのオーダー制作も。

のびやかな音楽を奏でるアコースティックユニット
「fockea crispa(フォッケア・クリスパ)」のメンバーとしても活動中。


[PR]
by mitta_japan | 2012-01-01 00:00 | mittaのひと